結婚生活を幸せに暮らす人の共通点とは?

スポンサードリンク
結婚生活

結婚生活を幸せにするためには、夫婦としての関係が円満であるのが何よりですよね。1つ屋根の下で一緒に暮らすわけですし、お互いの仲が良ければそれだけ幸せに感じられる機会も多くなります。

そのためにまず必要なことは、一緒にいる時間を毎日しっかり確保することです。常に配偶者ファーストでいる必要はありません。

それぞれに仕事など取り組まなければいけないことがあるときには、そちら優先でも構わないのです。

ただ最低限週に1回以上は、一緒に外出したりのんびりできる時間をもつのが理想ですね。可能なら食事や映画、旅行などの同じものを共有できる行き先にしましょう。

夫婦で同じものを楽しむ、その積み重ねが結婚生活をより幸せにしてくれます。

結婚生活をおくる上でたまには夫婦喧嘩する!

 

喧嘩するほど仲が良いという言葉にもあるように、たまには喧嘩をするのも大切です。全く不満を持たない夫婦などいません。結婚前にどれだけ相手のことが大好きで一緒になったとしても、長く同じ家で暮らしていればどこかで嫌な部分も見つけてしまうのです。

こうしたときに何も吐露せず我慢すると、小さなストレスが重なっていきます。
そこで定期的に、配偶者に不満を伝える機会を作りましょう。

同時に相手からも何かないか、訊いてみます。もしそれで何か言われてもお互い様ですし、良いガス抜きになってくれるはずです。何でも言いたいことが言える仲というのは、ある意味究極です。

ですが明らかに溜め込んでしまう夫婦より、何でも言い合える夫婦の方が長続きします。勇気を出して、伝えてみるのも大切です。

スポンサードリンク
結婚生活

うまく結婚生活送るには自分だけのプライベートな時間を作る


自分だけの楽しみを確保するのも、幸せな結婚生活に繋がります。これは配偶者への過剰な依存を回避する手段でもあり、趣味や友人関係を楽しむことで実現できます。

愛情があるからとはいえ、四六時中相手のことばかりを考えるのは良くありません。激しい嫉妬や束縛になったり、寂しさを感じる頻度も増えてしまうからです。


そのために、結婚前に楽しんでいた趣味や人間関係が役立ちます。良い意味で配偶者を気にしない、考えない時間を作るのです。無論他の異性との深い関係は言語道断ですが、配偶者が嫌がらない範囲であれば大丈夫でしょう。色々な価値観に触れるチャンスもあり、自分を成長させてくれます。

 

有名人が語る結婚生活を幸せする方法。島田紳助さん、江原啓之さん、観月ありささん、渡辺裕之さんの言葉

2018.02.25

まとめ


そして再び結婚生活に目を向けたときに、その意味の大きさや有難さにも気付けるわけです。

 

結婚生活で大切な事

•たまには夫婦喧嘩する。

 

•自分のプライベートな時間を作る。

 

改めて自分自身の今の幸せを実感する目的で、敢えて一度結婚生活とは違う部分に着目してみましょう。配偶者の存在感をそれまで以上に感じられて、喜びを得られます。

スポンサードリンク

<ins id=“ssRelatedPageBase”></ins>