Sergio Mendes(セルジオメンデス)のNever Gonna Let You Go『愛をもう一度』が聴きたくなる理由

スポンサードリンク
セルジオメンデス

セルジオメンデスのNever Gonna Let You Go(ネバー•ゴナ•レット•ユ•ゴー)は1983年にリリースされた曲で、日本では『愛をもう一度』のタイトルでよく知られている曲です。

この曲は現在ではスタンダードとして様々な歌手に歌われており、非常に人気の曲となっています。日本人でもライブなどでカバーする人が多く、時代を超えた名曲となっているものでもあります。

セルジオメンデスはブラジル人の歌手

セルジオメンデスはブラジルの歌手の中では日本でもよく知られている人で、Never Gonna Let You Go(ネバー•ゴナ•レット•ユ•ゴー)の他にもたくさんのヒット曲を持っており、日本にもそのファンが多く存在しています。

ブラジル人ならではの明るい歌い方の中に力に合わせた叙情的な表現を織り混ぜることで爽やかな中に暖かな気持ちにさせる曲が多いのが特徴であり、ファンの中には心が柔らかくなると感じる人も少なくありません。


特に最近の若い人にとってはこの種の歌は異常に珍しく感じる部分があり、近年の展開の激しい歌や曲が流行している中ではNever Gonna Let You Go(ネバー•ゴナ•レット•ユ•ゴー)のような柔らかいイメージは心が休まると感じる人も多いのです。この感情は世界的にも共通するものであり、日本に限らず世界で多くの若手シンガーがこの曲をカバーすることが多くなっています。

まとめ

  • セルジオメンデスはブラジル人歌手
  • Never Gonna Let You Go以外にもヒット曲がある。
  • Never Gonna Let You Goは暖かみのある恋愛の曲

デビッド•フォスターとジェイ•グレイドンが組んだバンドAirplayが最高!!アルバム『ロマンチック』全曲を解説!

2018.07.05

ボズ•スギャグスの隠れた名曲『ハーバーライト』とは?

2018.07.03

日本では『愛をもう一度』という曲名

この曲が発表された当初は日本では海外のものに対して日本人にわかりやすく日本語のタイトルをつけると言う風潮がありました。中には原題とは全く関係のない日本語を当て、その内容が食い違ってしまうことも多かったのです。

Never Gonna Let You Go(ネバー•ゴナ•レット•ユ•ゴー)の日本語タイトルである愛をもう一度は原題の意味とは全く異なる表現となっているにもかかわらず、その歌詞の内容を端的に表現している者として高く評価されています。今でも愛をもう一度と言うタイトルを聞くとこの歌を連想する人も多く、非常に日本人の心にも残る歌として有名なものです。


その歌詞は端的な内容からするといつまでも1人の人を愛し続けると言う感情を表現したものとなっており、たとえ別れたとしてもまだ愛し続ける、もう一度お互いに愛し合いたいといった表現を込めているものとなっています。

この部分だけを聞くと未練がましい恋愛のようなイメージを抱く人も少なくありませんが実際には純愛を表現したものとなっており、現代の曲の歌詞の中にはあまり見られない優しさと思いやりに溢れたものとなっているのが特徴です。

まとめ

  • Never Gonna Let You Goの日本タイトルは『愛をもう一度』
  • 歌詞はいつまでも1人の人を愛し続けるという内容。

Charlotte Gainsbourg(シャルロットゲンズブール)のL'un part l'autre reste「ひとりは去り、ひとりは残る」は聴くべきフランス音楽!!

2018.07.12

zaz(ザーズ)がpablo alboran(パブロアルボラン)を迎えたナンバーSous le ciel de Paris「パリの空の下」は聴くべき1曲!!

2018.07.10
スポンサードリンク

セルジオメンデスのラテンだけではない歌唱法

セルジオメンデスセルジオメンデスの歌唱法が力強い中に優しさに溢れたものがあるのが多くの人を惹きつける要因となっており、現在でも多くのファンが世界中に存在しています。

ブラジルの歌手と言うとラテン系の非常に明るい歌を歌うと言うイメージを持つ人が多いのですが、様々な国の様々な文化をよく理解している彼は決して明るい表現だけではなく、ときには叙情的な表現を織り交ぜながら歌詞の意味をしっかりと伝える歌を歌う点で世界中から高く評価されている点が他のラテン系の歌手とは大きく異なるところです。

当時のブラジルの歌手の中でも異彩を放っていた人ですが、その才能は時代を経た現在においてもなかなか超えると感じられる人が少ないのが現状で、ラテン系ならではのパワフルな歌声とその中に秘められた叙情的な表現を組み合わせて人の心に感動を与える歌唱を行う歌手として現在でも高く評価されているのです。

まとめ

  • セルジオメンデスはラテン系のパワフルさと明るさだけではない歌唱力。
  • Never Gonna Let You Goでは叙情的な歌い方をする。

フランスの歌手Patrick Fiori(パトリックフィオーリ)のsans bruitはドラマチックな展開が魅力の代表作!!

2018.07.15

Never Gonna Let You Goが日本人にも聴きやすいのは?

この曲は英語の歌詞も非常にわかりやすい単語が使用されているため日本人でも多くの英語単語は非常に理解しやすく心に入りやすいものとなっています。そのパワフルさは曲の根幹となっている美しい恋愛の気持ちをより強く表現できるものとなっています。

日本人でも英語でカバーすることが多く、さらには日本語に翻訳して歌うと言う人も一時期は非常に多くなっていましたが、日本語の歌詞を載せた場合にはその意味がストレートに伝わりすぎる傾向もあり賛否両論が分かれるところです。

まとめ

  • Never Gonna Let You Goは英語の歌詞がわかりやすい。
  • 多くの歌手にカバーされている。

BIGLOBEビッグローブのエンタメフリーって本当に使える?申し込む前に知っておきたいこと!

2018.05.08

最後に

Never Gonna Let You Go(ネバー•ゴナ•レット•ユ•ゴー)は1983年にリリースされて以来現在でも恋愛ソングの定番的な位置づけとして非常に多くの機会で歌われるものとなっています。

日本ではカラオケが普及していますが、そのほとんどでこの曲のカラオケが用意されており日本人でも一定の年齢に達した人であれば歌う機会が多くなっているものでもあります。

日本の曲の中でこれだけ長い期間多くの人に好まれ歌われている曲はほとんどないと言っても過言ではなく、リリース当時の状況を知っている現代の中高年からその世代を知らない若者に至るまで広く受け入れられるものとなっている。

その曲の良さと歌手の実力が高く評価されていることの証明であり、リリース当時の状況を知っている現代の中高年からその世代を知らない若者に至るまで広く受け入れられるものとなっている。

その曲の良さと歌手の実力が高く評価されていることの証明であり、多くの人に受け入れられる曲となっているのです。

スポンサードリンク

<ins id=“ssRelatedPageBase”></ins>