誰でも簡単にできる自己暗示で自信をつける方法とは?

スポンサードリンク

 自己暗示

自己暗示は特定の合図を切っ掛けに、意識や感情を特定の方向に誘導する方法です。
引っ込み思案で何事にも臆する、そういった人が上手く活用すると、自信のアップに繋がります。
自己暗示のポイントは、良い方向に自らの心を誘導することです。
逆にネガティブな誘導ばかりだと、自信が身につくばかりか損なわれる結果に結びつくでしょう。
大切なのはプラスになる暗示を繰り返すこと、そして毎日継続的に行う二点です。

呼吸を深くしてリラックスする


誰にでも簡単な方法としては、眠る前にできるやり方が挙げられます。
難易度が低いのは、目を瞑って呼吸を整え、深く息を吸い込んだらゆっくりと吐き出すやり方です。
いわゆる腹式呼吸と呼ばれますが、これでまず体を副交感神経優位のリラックス状態に導きます。
次に体の筋肉や関節に意識を向けて、力んでいないか確認します。
余計な力が入っていると感じる場合は、あえてそれを上回る力で緊張させて、力を抜くようにするとリラックスできます。
体の各部の力が抜けたら、いよいよ自己暗示を始めるステップに進みます。

潜在意識を書き換える効果的な呼吸をする方法とは?深い呼吸トレーニング

2017.11.06

ペットボトル1本で呼吸トレーニング ! その効果がすごい ! !

2017.10.08
スポンサードリンク

自己暗示はプラスのイメージが大切


暗示の基本はプラスのイメージで、楽しいことを思い浮かべるようにしましょう。
好きなことを思い浮かべるのも、好きな人や一緒にいて安心できる人をイメージするのもありです。
心が穏やかで楽しい気持ちになったら、自信をコントロールする訓練に入ります。
声に出さなくても良いので、心の中で今の状態を自分に話し掛けます。
具体的には、自分は今リラックスしていると繰り返したり、手足の各部を意識して感覚を確認するなどです。
前者は心理状態の客観的な把握に有効で、俯瞰的に自分自身を見られるようになります。
日常生活で緊張に曝されることがあっても、このトレーニングを繰り返すことで、意識的にリラックスに導くヒントが得られます。

プラス思考になる訓練はほめ日記がとても効果的。そのほめ日記とは?

2018.03.15

すべての力は内側にある。だから自分にあった自己暗示のかけ方で最大限のやる気を出すには?

2018.03.07

自立訓練法を使って自己暗示をする方法


右手が重いと心の中で唱えながら、右手の感覚に意識を向けるのも効果的です。
この方法は自律訓練といって、心理状態と体の感覚を結びつけるテクニックです。
右手をゆっくりと10回ほど繰り返したら、次は左手や右足など順に行います。
手足はあくまでも力を抜いた状態で、意識的に重さを感じるのが自己暗示のポイントです。
自律訓練のやり方になれた後は、苦手なシーンを思い浮かべて前向きな言葉を唱えましょう。
心が落ち着いている、あるいは冷静だとか上手くできるといった、プラス思考に導くのがコツです。
自信がない人はネガティブ思考に陥りがちで、これが怖気づかせたり失敗を予感させ失敗に導くのです。

ほめ日記はどう書けば良いの?わからないあなたに例文を紹介!

2018.03.21

自己暗示によって自分自身に自信をあたえるには?

2018.03.03

最後に


自己暗示は思考をプラスに導くテクニックで、自律訓練を繰り返すと身につけることができます。
意識的に思考が切り替えられるようになりますから、結果として自信がアップします。

 

スポンサードリンク

<ins id=“ssRelatedPageBase”></ins>